« ぼくの『ゼロ』物語 23 | トップページ | 怪我をしてみて思ったこと その2 エスカレーターの右側は、追い越し車線ではありません »

2018年12月19日 (水)

怪我をしてみて思ったこと  その1 ♯7119 と、♯9110

 こんにちは、事務局長の長野です。

先週末、駅の階段を降りていたとき、突然右足に肉離れを起こしてしまいました。なんとかその時は右足を引きずる様に安全な場所まで移動しましたが、問題はそこからです。

尋常な痛みではないので病院には行きたいが、タクシーを使っても歩く部分を考えるとたどり着くにはちょっと厳しい。こんな時こそ救急車を呼ぶべきだろうか…?

Photo_3

 

ここで思い出したのが、♯7119(救急相談センター)です。

初利用でしたが♯7119をしてみました。

担当の看護師さんが丁寧に症状を聞いてくださり、質問にも答えていただけました。

また救急指定病院に連絡する際の手順も教えていただけるので、自分の状況を医療機関に伝える時も無駄な説明をしなくて助かります。

元々救急車の出動数が多くなり、その緩和策として設置された♯7119と聞きましたが、しっかりと症状や質問を聞いていただけて緊急時判断の一助となり覚えておいて良かったと思える先でした。

 

同じような相談連絡先として、♯9110という番号があるのですが、何の相談先かお分かりでしょうか?

実はこれ、身の回りのトラブル、悪質商法、ストーカー・DV等、それぞれの相談内容に応じて、即時対応の必要が無い場合に専門の窓口をご案内してくれる各地警察の総合相談センターの受付番号です。

これまた、不要不急の110番要請が増えたことで設置された相談先ですが、♯7119同様、状況によって使い分けたい連絡先ですね。

 

改めて、♯7119 と、♯9110についてまとめておきます。

♯7119…救急相談センター
      (♯8000
 子ども専用の子ども医療相談もあります)

プッシュトーンが出る電話であれば、固定からも携帯からも
♯7119と押すだけで救急対応の必要があるかどうかを
無料で相談できる機関です。

 ♯7119(♯8000含む )は実施されている地域と
されていない地域が有りますのでご注意ください。

♯9110…警察総合相談電話
      (××総合相談センター、××県総合相談室などの名称です)

犯罪被害の未然防止など生活の安全に関する相談に応じる
       窓口です。

ただし、たった今「被害や交通事故に遭った。」、「事件や
交通事故を目撃した。」という場合には、「110番」をダ
イヤルしてください。
Photo_2

« ぼくの『ゼロ』物語 23 | トップページ | 怪我をしてみて思ったこと その2 エスカレーターの右側は、追い越し車線ではありません »

at teatime」カテゴリの記事