カテゴリー「at teatime」の記事

2018年12月25日 (火)

怪我をしてみて思ったこと その2 エスカレーターの右側は、追い越し車線ではありません

 

こんにちは、事務局長の長野です。

駅の階段を降りていたとき右足に肉離れを起こしてしまったことは、前回書きましたが、

今日はそのつづきです。

その後病院で処置したことで、右足に痛みは残っていますがゆっくり歩ける様にはなりました。仕事にも支障は有りません、ただし、出勤して席に着けば…ですが。

Photo_4

通常は、家の玄関から会社の玄関まで車で送迎を受けるような方でも、その端々の数メートルは歩かないと着席することはできません。普段意識をしていませんが、生活の中で歩くことって、切っても切れないことなのかも知れません。

 

私の場合、自宅最寄駅から勤務最寄先駅まで、乗り換え含めていつもは40分ほどかかるのですが、今はゆっくりとしか歩けないので1時間を要します。しかしその1時間の中でも数か所、特に気を使わなければならない場所があることに気が付きました。それが、信号とエスカレーターです。

片方2車線以上の信号を、中途半端なタイミングで渡り始めると、大抵途中で点滅から赤信号となり大汗をかくことになります。さすがにクラクションを鳴らされることは有りませんが、ドライバーからは「赤信号になってもゆっくり歩いて渡るふてぶてしい歩行者」と見られているのは感じます。これがひとつ。

ふたつめ。エスカレーターは、まず乗るまでのスピードの変化に歩度を合わせるのが大変。次に乗ってからの右側空け習慣(関西では左側空けだそうですね)への対応が大変です。特に、右側空け習慣は本当に危険です。身動きが難しいなか、追い越し車線よろしくさっと通られると、体をコンパクトに左側に寄せられない私はそれだけでふらつきますし、傘や鞄で手が塞がっている場合はさらに危険です。また、右足でなく左足を怪我していたならば、右側に立って手すりを掴む方が安定するのですが、右側空け習慣には反しますからこれまた「流れに棹差すふてぶてしい奴」として睨まれてしまうかも知れません。

東京駅では最近「エスカレーター歩行防止対策」というキャンペーンが始まりました。世の中には歩行についての障害をもった方が居られます。また、ちょっとした怪我で歩行に難が出る事は、健常者の誰にでもあり得ます。そんな時に不幸な事故の当事者とならないためにも、これは必要な取り組みと思いました。私もこの先エスカレーター内の歩行癖には気を付けようと思います。


Photo_5

2018年12月19日 (水)

怪我をしてみて思ったこと  その1 ♯7119 と、♯9110

 こんにちは、事務局長の長野です。

先週末、駅の階段を降りていたとき、突然右足に肉離れを起こしてしまいました。なんとかその時は右足を引きずる様に安全な場所まで移動しましたが、問題はそこからです。

尋常な痛みではないので病院には行きたいが、タクシーを使っても歩く部分を考えるとたどり着くにはちょっと厳しい。こんな時こそ救急車を呼ぶべきだろうか…?

Photo_3

 

ここで思い出したのが、♯7119(救急相談センター)です。

初利用でしたが♯7119をしてみました。

担当の看護師さんが丁寧に症状を聞いてくださり、質問にも答えていただけました。

また救急指定病院に連絡する際の手順も教えていただけるので、自分の状況を医療機関に伝える時も無駄な説明をしなくて助かります。

元々救急車の出動数が多くなり、その緩和策として設置された♯7119と聞きましたが、しっかりと症状や質問を聞いていただけて緊急時判断の一助となり覚えておいて良かったと思える先でした。

 

同じような相談連絡先として、♯9110という番号があるのですが、何の相談先かお分かりでしょうか?

実はこれ、身の回りのトラブル、悪質商法、ストーカー・DV等、それぞれの相談内容に応じて、即時対応の必要が無い場合に専門の窓口をご案内してくれる各地警察の総合相談センターの受付番号です。

これまた、不要不急の110番要請が増えたことで設置された相談先ですが、♯7119同様、状況によって使い分けたい連絡先ですね。

 

改めて、♯7119 と、♯9110についてまとめておきます。

♯7119…救急相談センター
      (♯8000
 子ども専用の子ども医療相談もあります)

プッシュトーンが出る電話であれば、固定からも携帯からも
♯7119と押すだけで救急対応の必要があるかどうかを
無料で相談できる機関です。

 ♯7119(♯8000含む )は実施されている地域と
されていない地域が有りますのでご注意ください。

♯9110…警察総合相談電話
      (××総合相談センター、××県総合相談室などの名称です)

犯罪被害の未然防止など生活の安全に関する相談に応じる
       窓口です。

ただし、たった今「被害や交通事故に遭った。」、「事件や
交通事故を目撃した。」という場合には、「110番」をダ
イヤルしてください。
Photo_2

2018年10月30日 (火)

今日は何の日 その2

先回は「貯蓄の日」という記念日を取り上げました。 実は本日も、とある記念日となっているのですが、みなさんはお分かりでしょうか。
答えは後程明かします。

それにしても、記念日っていったいいくつあるんでしょうね。
調べてみると、まず公的な機関が制定した「時の記念日」や「防災の日」など祝日を除いた 記念日が47件ほどあります。
次に、企業や業界団体などが商品の販売促進で制定したような記念日まで含めると、なんと 1000件を超えてしまいます。
最後に、誕生日や創立記念日など、個人的な記念日まで入れると…。
そうしてみると、私たちは知らないうちに毎日いくつもの「記念日」を迎えているんですね。

そんな中、あらためて今日は何の記念日かと言うと、実は「キャッシュレスの日」です。
ある企業が、キャッシュレス化の推進を目的として今年から制定した日だそうです。
先ほど「今日は」と書きましたが、「キャッシュレス=現金ゼロ(0)で、現金は使わない」 の意味から、今日だけではなく、毎月0(ゼロ)のつく日を対象として1年間に35日も存在 するという、しつこい記念日のうちの一日なのです。

ただ、この「キャッシュレス」、実際は記念日以外にも、さらにしつこくこの先の生活にかか わってくるかも知れません。

このところ、電子マネーや仮想通貨関連の情報が、毎日の様に各種媒体で取り上げられている ことはみなさんもお気づきと思います。
当研究所でも、講演依頼内容の上位に「キャッシュレスを題材にしたお金とのつき合い方」が ランクされています。
オールキャッシュレスの生活はまだ先としながらも、キャッシュレスを気にし出した方が多く なっていることが分かります。

そこでご提案です。
新しい仕組みを前に、不安で周りに流されるだけでなく、今からキャッシュレスを正しく理解 して、みなさんの新しいお金の使い道として考えてみては如何でしょうか。
当研究所では、家計管理の一環として、キャッシュレスとどう向き合うかなどのご相談につい てもお伺いしております。
こちらから、お気軽にお問合せください。
Photo

2018年10月17日 (水)

今日は何の日

みなさんこんにちは。

相変わらずかな入力で、周りから珍しがられている事務局長の長野です。

突然ですが、今日10月17日が「貯蓄の日」ということをご存知でしたか?
恥ずかしながら、この仕事に就くまで私は、こんな記念日があるとは全く知りませんでした。

この「貯蓄の日」、元々は10月17日に伊勢神宮で行われる神嘗祭(かんなめさい)に由来し、日銀が1952年に「お金を無駄遣いせずに大切にしましょう」ということで定めた記念日だそうです。
今年8月に発表された日銀のデータでは、日本の家計資産残高は1800兆円を超えて増加となったようです。
国民全体としての貯金は増えているわけですね。

問題は、国民全体のというより、「みなさん個人の貯金がどうなっているのか」ですが、個々の貯金は自分で管理するしかありません。
ただ、「なかなか自分のやり方では貯金に結びつかない。」「貯金の前に家計の整理が必要だ。」とお思いの方は、是非一度、当研究所にご相談ください。

経験豊富な相談員がお話をお伺いいたします。


Photo

2018年9月10日 (月)

わたしの夏休み

こんにちは。 事務局長の長野です。

先日、私は遅めの夏休みをいただいて、家族で中国地方にある妻の実家に帰省をしてきました。
丁度稲刈り真っ只中の時期で、半分はお手伝い要員としての帰省となります。
農家の方々には当たり前かもしれませんが、最近の稲刈り自体は機械であっという間に終わってしまうので、実はそんなに人手が必要な訳ではありません。

むしろ稲刈りの付帯作業要員として、お手伝いが必要とされています。

稲刈りをやったことがない方に、作業の流れをざっと説明しますと、 まず、汚れても気にしなくて良い作業用の服に身を固め、
Photo
機械で刈り取れなかった稲を刈り、
Photo_7
豪雨に潰えた水路を整備し、
Photo_8
猪よけの電気柵とトタン塀を修理し、
Photo_9
ついでに、夏野菜収穫後の畑おこしと、「マルチ」と呼ばれるシートを掛け、
最後に、お米の乾燥と精米は業者に委託し、泥のついた鍬だのトンボだのを洗浄する。

なんてことを、全部が終わるまで、毎日せっせと繰り返すのです。
いろいろな方のお陰もあり、心配していた大雨が降る前に無事作業を終えられ、全てが終わった週末にはお決まりの宴会…。

終わってみれば、忙しかったけど結構充実していた夏休みでした。
今日から復帰します。
気持ちも新たに頑張りますので、どうぞ皆様、よろしくお願い致します(^^)。




              おまけ
Photo_10

2018年8月17日 (金)

チコちゃんにいろいろ叱られそう?

「ねえねえ、『勤怠台帳』の『勤怠』って、なぜサボってもいないのに『勤怠』って言うの?」
某放送で只今人気の5歳児、チコちゃん風に書かれたこの質問、あなたならどう答えますか?

「私、怠けてないのに変だよぉ~」
先日、勤怠について話をしているとき、社内であまりにも素直な意見が飛び出しました。
答えの持ち合わせが無かったので、お手軽にネットで調べたところ、「勤める⇔怠けるだったからではないか」との意見をいくつか見つけましたが、しっくり来るのものは有りませんでした(チコちゃんなら知っているのだろうか?)。
ただ、いつ頃から有る言葉なのか分かりませんが、平成の最初のころ新社会人となった私には、感覚的に「さもありなん」と言ったところです。

時は流れて、平成ももうすぐ終わろうかという今でも、社内や用務先に居る以外の、遅刻、早退、休暇、欠勤などを「怠けている時間」と括ってしまう会社のなんと多いことか。これでは、前述のような意見が出ても仕方ないかも知れません。さりとて「勤怠」に代わる良い言葉も見つからない(そもそも探していない?)ので、定着してるんでしょうね。

さらに今、政府肝いりで「働き方改革」が議論されています。
前述の「仕事中以外は全部怠けているのと同じこと。」みたいな発想がなくなれば、働き方改革は、多くの人がもっと働きやすい環境を手に入れるチャンスなのかも知れません。

大人の皆さん、仕事も、生活もしっかりやって、是非働きやすい環境も実現しましょう。
ボーっと生きていると、画面の5歳児だけでなく、あなたの周りのリアルチコちゃんにもいろいろ叱られちゃいますよ!

Dsc_0812

本日、品川駅でお仕事中のチコちゃん。
暑い中、5歳児とは思えぬ貫禄の一声、お疲れ様です。

事務局長 長野でした。

2018年7月11日 (水)

西日本豪雨被害に遭われた皆様へ

先週末から今週にかけて、西日本広域で豪雨による災害が発生しました。 被害に遭われた方、お亡くなりになられた方、またその周りの方々には、心よりお見舞いを申し上げます。また、行方不明となっている方のご無事での発見をお祈り申し上げます。

先月、群馬と大阪で発生した地震の際に、今回と全く同じような出だしでブログを書いたばかりですが、首都圏でいえば、日曜日に千葉県沖でも大き目な地震がありました。なんだか気の抜けない毎日ですね。

この災害で復旧が必要な地域にお住まいの方々は、しばらくは身の安全と熱中症にも気を付けてお過ごしください。

結びは前と同じになってしまいますが、どちらにお住まいの方も、万が一の場合でも被害が最小限で済むように、災害への備えと段取りについて、周りの方と今一度確認しておきましょう。

2018年6月18日 (月)

皆様、地震への備えはお済みですか?

一昨日は群馬県南部、今朝は大阪府を中心に大きな地震が発生しました。
被害に遭われた方、お亡くなりになられた方、またその周りの方々には、心よりお見舞いを申し上げます。
最近、インフラについてだけであれば、東日本の爪痕がやっと薄くなってきたのかなと思っていた矢先でしたが、次々と発生する地震を見ると、まさに油断大敵であると感じます。
余震の可能性がある地域にお住まいの方々は、しばらくは安全を確保しつつ、気を付けてお過ごしください。
また、どちらにお住まいの方も、万が一の場合でも被害が最小限で済むように、地震への備えと段取りについて周りの方とも今一度確認しておきましょう。

2018年5月18日 (金)

絶滅危惧種?

こんにちは、事務局長の長野です。
 先日某所でかけられた一言、「長野さん、ひょっとして日本語入力の時に、かな入力使ってませんか?」この言葉に、私は古傷に触られたかのごとく反応してしまいました。
 案の定、その場での「かな入力派」は私一人でした。まさに孤立無援の絶滅危惧種。
 しかし人間万事塞翁が午、いつの日か、「なんと、かな入力使っている人がいる。初めて見た!」なーんて尊敬の眼差しを向けられる日が来てくれないでしょうか?
 その日を夢見て、今日もかな入力でせっせとブログを書いて腕を磨いています。