カテゴリー「お金のきもち」の記事

2018年7月24日 (火)

高校生の「お金の教室」

センター長の有田です。

先週土曜日、高校生と一緒にお金の学びをしました。

もちろん、今回もゆきちと一緒です。

Photo
テーマは、「お金の教室」~お金との上手な付き合い方~。

私たちは、みんな消費者です。毎日「お金」を使って生きています。その場でお金を支払っていなくても、歯磨きをすれば“水道代”、スマホを使えば“通信費”、エアコンを付ければ“電気代”を使っているのです。

前半は、お金を「得る方法」~「使い方」と「付き合い方」に焦点をあてて学び、後半は2グループに分かれて、「大学進学に必要なお金」と「ひとり暮らしに必要な初期費用」を調べました。

高校生だけでは難しいので、人生の先輩方(大人)にも入ってもらい、一緒に考えました。 ひとり暮らしのチームでは、(想定した)給料から、光熱費、通信費などを差し引き、事前に用意したアパートのチラシの中から、入れそうな部屋を探して、その初期費用を調べていきました。

大学進学チームは、国立大学、私立大学の初年度納付金だけでなく、地方の大学を受験 した場合の交通費なども忘れず調べていました(素晴らしい)。


近い将来、必要になるお金です。 その時、慌てないためにも「計画」と「備え」を身に付けて欲しいです♪

Photo_2

2018年7月 6日 (金)

部屋の掃除と家計のふか~い関係

センター長の有田です。

お金の悩みを抱えた方からの相談を受けていると、「部屋の掃除ができない」と嘆く声をよく耳にします。

相談者にとっては、借金と同じくらい大きなストレスになっているようです。

先日の相談者も、毎日仕事に追われて、家のことは見ないで過ごしてきた結果、クローゼットから洋服がはみ出し、机の上にも地層のように重なり、床は生活用品やごみで溢れているというのです。

借金の返済で家計が苦しいはずなのに、使えなくなっているスペース(床)に、毎月の家賃を支払い、これからも支払い続けるのは、何とももったいない気がします。


情報サイト運営のオールアバウトと野村証券が共同で行った、未婚女性の日々の行動調査によると、貯蓄額が200万円以上の「堅実女子」は、貯金額が0円もしくは10万円未満の「ゼロ女子」より、部屋が整理整頓されており、ATMの利用や衝動買いの頻度が少ないとありました。

調査結果を読み終えて、家計管理ができている「堅実女子」は、自分基準や価値観をしっかりと持っており、働いて得たお金と自分の時間を大切に、そして丁寧に生きているように思いました。

部屋の「整理整頓」と「お金」は、直接的な関連がないように見えますが、実は、深い関わりがあるのです。

Image4_1

2018年5月30日 (水)

お金を丁寧に扱う

センター長の有田です。

私は長年、借金やお金の問題を抱えた女性の相談に携わってまいりました。
そんな女性たちが二度とお金に振り回されることがないように、2006年1月より月に1度の「お金の勉強会」を続けています。

参加費は1回500円。ワンコインで共に学び、共に成長する勉強会です。
勉強会の終わりに、参加者は500円を支払いますが、参加費の500円を毎回手作りの“ミニ袋”に入れて持参される方がいます。
Image1        この中に500円が入っていました。↑


どちらも500円は500円! お金の「価値」は一緒です。
500



でも・・・ もらうと嬉しいのは、やっぱり、
Photo_2

彼女の気持ちが嬉しいし、お金を丁寧に扱っている姿勢が素敵だなぁと感じています。
ちょっとした心配りが、まわりを、そして自分を幸せにする「お金の扱い方」。


見習いたいものです。

2018年5月24日 (木)

家計管理のススメ

センター長の有田です。

先日、奨学金セミナーに伺った大学の学生に協力いただいた「1週間家計表」が届きました。

Photo
当研究所のオリジナル家計表です。
家計管理は、習慣のない人には「めんどくさい」と敬遠されがちですが、お金との付き合い方を間違えないためにも、家計管理の習慣、自分の家計を把握することは大切なことです。

そこで、「1週間」で使ったお金を把握するために、家計表にレシートを貼っていき、その支出合計に4.3をかけると、おおよそ1月の支出が出ます(7日分×4.3=30日)。

大学生には、費目ごとの支出合計とコメントを添えてお返しします。

実際に一週間家計表を体験した大学生にも、いろんな気づきがあったようです。

「新生活を始めたばかりなので、必要なものをひとつずつ揃えていきたい」

51

「飲み物代は、水筒を持参しようと思った」

25_2
「(家計表を振り返り)意外にお金を使っていることに驚いた」

53

「ノーマネーデー(お金を使わない日)を作ろうと思った」 
54_3
最近は、家計簿アプリも充実しています。
自分に合った家計管理方法がきっとあるはず。
家計と向き合う習慣を始めてみませんか♪                   

2018年4月17日 (火)

新入社員研修にて

センター長の有田です。

先週、グループ会社の新入社員に、
「家計管理のススメ ~お金に振り回されない人生のために~」と題して研修を行いました。

新入社員の緊張感って、新鮮で良いものです。
でも、緊張の連続ではやっぱり疲れてしまいます。
そこで、私の研修は軽いストレッチから始めます。
Photo_3


新入社員研修と言えば、社会人としてのマナー研修が中心ですよね。
挨拶の仕方、話し方、名刺の渡し方etc.

Photo_2


どれも、社会人として身に付けておきたい大切なマナーですが、お金(家計)の管理も、新入社員研修の一コマにぜひ取り入れてほしいテーマです。

私たちは、誰もが消費者です。
消費者でありながら、消費者として必要な知識、お金(カード)の使い方を、しっかり学ぶ機会は多くありません。
一方で、社会には、知っている人にとっては「当たり前の知識」でも、知らない人にとっては、人生の「大きな落とし穴」となる危険が溢れています。


お金に振り回されることなく社会生活を営むために、お金を管理する習慣こそ、最初に身に付けて欲しいと思っています。

Jibunnrasii

2018年4月13日 (金)

奨学金セミナー

センター長の有田です。

4月4日、横浜美術大学の新入学生に、
「大学生も消費者 ~奨学金との上手な付き合い方~」をテーマに講演致しました。

Photo_2

もちろん、ゆきちも一緒です。Photo


(奨学金と)上手に付き合っていくためには、 まず、(奨学金の性格を)「学ぼう」そして「知ろう」からはじめました。


20180404


奨学金が足りなければ在学中に困ります。


奨学金が多いと卒業してから困ります。



そこで当研究所では、家計管理に取り組んで、自分の奨学金適正額を知ろう
そして、適正額より余計に貸与を受けているとわかったら、貸与額を見直そうと提案しました。


奨学金の貸与月額は知っていても、その借入総額を把握していなかったり、返還月額を 知らなかった学生が多かったようですが、講演後のアンケートには、「奨学金の額を見直していきたい」と回答してくれた学生もいて、奨学金を知るきっかけ作りになったと思います。


大学生も消費者です。

お金と丁寧に向き合い、そしてお金に振り回されることのない人生を歩んでほしいと願っています。

Photo_4

2018年3月22日 (木)

お金のおうち お掃除大作戦

センター長の有田です。

東京は、桜の開花宣言が出された途端、寒さが戻ってきました。
ゆっくりで良いからね。今年もきれいな桜に会える日を待ってるよ。

さて、前回のブログで「お金のお家」=「財布」のことを書きました。
今日は、事務局の國枝さんに協力いただいて、お金たちが気持ちよく過ごせるように、 財布の掃除を実践してもらいました。

まずは、國枝さんのお金の「お宅拝見」から。

Image3_3
ふむふむ。これが、國枝さんのお金のおうちですね。

Dsc_0262_2

Image2
でも、僕が来たからには、もう大丈夫!

Image1_2


【財布の掃除の仕方】
①  一旦、財布の中身をすべて出します。

②  「お財布の中身整理シート」を使って、財布の中身を交通整理していきます。

Dsc_0261_2                     (お財布の中身整理シート)


國枝さんの結果はこんな感じ。

Dsc_0264

財布に不要なものが、たくさん入っていましたね。

③  さいごに、財布の中に入れるものだけを戻します。

Dsc_0265
4

突然のお宅訪問に快く協力してくださった國枝さん、ありがとう。
皆さんもぜひ、チャレンジしてね。

2018年3月15日 (木)

お金のおうち

少しずつ、街が春色に染まっています。

空は青く、太陽に照らされた植物の色は一層鮮やかで、開花の時期を待ちわびている蕾からも生命力を感じます。
Photo_10
今日のブログタイトル「お金のおうち」といえば、お財布です。

ところでみなさんは、どんな家に住みたいですか? きれいな家、広い家、居心地の良い家、整理整頓された家・・・いろいろ聞こえてきそ うです。
でも、ゴミだらけの部屋だと、帰りたくないし、気分も憂うつになりますよね。


お金も同じです。
お金だって、快適な住まい(財布)と、大切にしてくれる人の傍で暮らしたいものです。
いつもきれいにしていると他のお札たちも招いてくるかもしれませんよ。

逆に、財布に不必要なものやずっと前のレシートなど雑然とぎゅうぎゅうに詰まっていると、息が詰まって、みんな逃げ出してしまうかもしれません。
Photo_11
ちなみにこれは、私の財布(お金のおうち)です。

1520832854378_2
3年前にパスケースとセットで購入しました。 色がきれいで気に入っています。
もちろん、私のところに来てくれたお金たちにも気持ちよく過ごしてもらうために、1日の終わりには財布の中を掃除することを習慣にしています。

春です。 お財布の中も整理整頓して、大切なお金たちに、快適な場所を作ってあげませんか。


https://nts-safety.com/

2018年3月 1日 (木)

家計のSOSは早い方がいい

センター長の有田宏美です。
私どもでは、お金の悩みを抱えている方に、家計カウンセリング(家計の交通整理)を
行っています。

お金の悩みって、一人で抱え込んでしまったり、親しい人ほど、相談しにくいですよね。


でも!


家計のSOSは早い方がいい
Photo_11ゆきち
 
と、当研究所のマスコットキャラクター「ゆきち」も言っています↑。

ゆきちの名前は、1万円札の肖像にもなっている福沢諭吉さんのお名前からいただきました。
首にぶら下げた“がま口”が、彼のトレードマークです。

当研究所のホームページやリーフレットなどでも活躍してくれている、有能なスタッフです。
Image2_4
ぜひお見知りおきくださいませ。


専門家に相談することは、窮地にある自分を助ける「術」です。