カテゴリー「研修・講演・セミナー」の記事

2018年4月17日 (火)

新入社員研修にて

センター長の有田です。

先週、グループ会社の新入社員に、
「家計管理のススメ ~お金に振り回されない人生のために~」と題して研修を行いました。

新入社員の緊張感って、新鮮で良いものです。
でも、緊張の連続ではやっぱり疲れてしまいます。
そこで、私の研修は軽いストレッチから始めます。
Photo_3


新入社員研修と言えば、社会人としてのマナー研修が中心ですよね。
挨拶の仕方、話し方、名刺の渡し方etc.

Photo_2


どれも、社会人として身に付けておきたい大切なマナーですが、お金(家計)の管理も、新入社員研修の一コマにぜひ取り入れてほしいテーマです。

私たちは、誰もが消費者です。
消費者でありながら、消費者として必要な知識、お金(カード)の使い方を、しっかり学ぶ機会は多くありません。
一方で、社会には、知っている人にとっては「当たり前の知識」でも、知らない人にとっては、人生の「大きな落とし穴」となる危険が溢れています。


お金に振り回されることなく社会生活を営むために、お金を管理する習慣こそ、最初に身に付けて欲しいと思っています。

Jibunnrasii

2018年4月13日 (金)

奨学金セミナー

センター長の有田です。

4月4日、横浜美術大学の新入学生に、
「大学生も消費者 ~奨学金との上手な付き合い方~」をテーマに講演致しました。

Photo_2

もちろん、ゆきちも一緒です。Photo


(奨学金と)上手に付き合っていくためには、 まず、(奨学金の性格を)「学ぼう」そして「知ろう」からはじめました。


20180404


奨学金が足りなければ在学中に困ります。


奨学金が多いと卒業してから困ります。



そこで当研究所では、家計管理に取り組んで、自分の奨学金適正額を知ろう
そして、適正額より余計に貸与を受けているとわかったら、貸与額を見直そうと提案しました。


奨学金の貸与月額は知っていても、その借入総額を把握していなかったり、返還月額を 知らなかった学生が多かったようですが、講演後のアンケートには、「奨学金の額を見直していきたい」と回答してくれた学生もいて、奨学金を知るきっかけ作りになったと思います。


大学生も消費者です。

お金と丁寧に向き合い、そしてお金に振り回されることのない人生を歩んでほしいと願っています。

Photo_4